白髪の原因は遺伝、加齢の他にストレスや生活習慣が関係していた!

白い毛は遺伝的な要因があります。

髪の毛

白髪の原因は、加齢だけではなく、比較的若い年代の20代の人にも見られる場合があります。

若白髪の場合は、白髪になりやすい体質を両親から受け継いでいることが多く、親のどちらかの体質に似ているなどの遺伝的な要因もあります。

現代の日本人の生活は、仕事や家庭でもストレスを感じることが多いですが、強いストレスを受けると髪の毛の血流が悪くなってしまうため、白髪の原因になってしまいます。

髪の毛はもともと白いのですが、メラニン色素が着色することで、黒くなります。

ですが、何らかの原因でメラニンが着色しにくくなると、白いままで生えてきてしまいます。

髪の毛が白いと、年齢よりも老けた印象に見られてしまいますし、ヘアスタイルのお洒落も楽しめないので、不満を持っている人が多いです。

髪の毛が白いとストレスや苦労が多いと見られがちなので、外見的にマイナスになってしまうので、ほとんどの人が白髪染めをしています。

若い年代の人は、生活習慣を見直すことで、改善することが多いので、食生活を見直すようにしたり、日頃から運動不足を感じている人は適度な運動を続けることも大事です。

子供の時も成長のホルモンが分泌されていますが、大人になってからも分泌されています。

 

適度な運動や必要な栄養素を補う必要があります。

歩く

大人になってからも、成長ホルモンが分泌されているため、黒くて健康な髪の毛を育毛しています。

睡眠不足や栄養不足が原因で、成長ホルモンの分泌が低下してしまうと、髪の毛が白くなる原因になってしまうので、夜は早めに就寝をするようにしたいものです。

日頃から運動不足を感じている人は、体の血流が悪くなってしまうため、健やかな髪の毛を育毛しにくくなってしまいます。

体に負担の少ない筋トレやヨガ、ピラティス、ウォーキングなどの有酸素運動を続けるようにして下さい。

チロシンは、体内でも作られていますが、食品でも摂取できますし、黒い毛を育毛するためのメラニンを作るために欠かせない成分になっています。

チロシンが不足すると、髪の毛が白くなってしまう原因になってしまうので、食品で摂取する必要があります。

チーズや大豆食品に豊富に含まれているので、豆腐や納豆、味噌、豆乳などを摂取すると良いでしょう。

若い年代の人はダイエットをしている人が多いですが、極端な食事制限をしていると、栄養不足になってしまい、髪の毛がぱさついてしまって艶がなくなったり、白い毛の原因になってしまうので、食事制限は控えるようにして下さい。

 

肩こりや頭皮のコリを解消する必要があります。

パソコン

現代は長時間のパソコンによるデスクワークをしている人や、携帯電話を使用している人が多いため、同じ姿勢を取っていることが多く、運動不足になりがちです。

仕事の合間に軽いストレッチをしたり、一時間ごとに休息を取るようにすると、肩こりや頭皮のコリを改善しやすくなります。

30代以降の人は、髪の毛が老化してくると、うねりやくせが強くなってくるので、髪の毛に変化が見られたら、シャンプー剤を変えるようにしたり、育毛剤を使用する必要があります。

白髪は遺伝的な要因も多いですが、食生活や生活習慣を見直すことで、改善することも多いので、喫煙や飲酒などの習慣のある人は控えるようにしたいものです。

体の血流を促進する必要があるため、体を温める働きのあるしょうがにんにくニラ玉ねぎなどの食品を食べるようにしましょう。

白髪は髪の毛のメラニンの働きが悪くなったり、成長ホルモンの分泌が悪いと起こりやすくなっています。

現代は良質な白髪染めが数多く販売されていますが、これ以上白髪を増やしたくないという人がほとんどです。

毎日栄養バランスの良い食事を摂るのが難しい場合は、ビタミン剤などを服用することも大事です。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)