白髪対策にはストレスを溜め込まないことが大切

ストレスはメラニン減少の原因に?

ストレス

我慢やイライラによる髪の毛のトラブルといえば脱毛です。

髪が白いと言う事もそういった物が原因となっていることを知っている人はそれ程多くなさそうです。

これは大げさな作り話ですが、恐怖のあまり一晩の間で髪の毛が真っ白になってしまった、と言う話を聞いたことがないでしょうか??

脱毛症や、フケの増加など、これらが原因で起こる頭のトラブルは数多くあります。

とかく頭髪のトラブルはイライラなどと結び付けられることが多いのです。

イライラのもとがどこから来ているかということや、対策を考えてみてはいかがでしょうか。

 

白髪の改善は健康にも繋がります。

まず髪が白くなってしまう理由を考えてみましょう。

白髪はメラニン色素が足りなくなって起こります。

白髪の原因は何らかの原因によってメラニン色素が少なくなってしまっているためです。

色素の量とバランスは大事です。

これがなければ色素が髪の毛に行き渡らないので白い毛が生えてきてしまうというわけです。

メラノサイトという細胞が色素を作っています。

神経細胞に似た性質を持っているこの細胞は非常にストレスに弱く、正常な働きをしてくれなくなるのです。

そんなイライラ白髪の特徴や対策を今から見て行きましょう。

 

ストレス白髪への食事面での対処法

栄養

白髪の原因は我慢やイライラの他にも老化や遺伝、栄養不足などにもあります。

まだ若いのになぜか髪が白い「若白髪」の人はもしかしたら原因は別の所から来ているかもしれません。

例えば前述の遺伝などです。

その場合の対処法は非常に難しいかもしれませんが、イライラが原因で起こる色素不足の場合の対策を考えてみます。

 食べ物の観点から考えてみましょう。

まずはミネラル摂取を意識することです。

例えばカルシウムや、亜鉛、銅などを意識してとることです。

栄養バランスのよい食事は、髪を黒くすることにも繋がるでしょう。

さらに髪が太く丈夫になるという効果も期待できそうです。

 

毛髪の主な原料はアミノ酸です。

それを合成するためには亜鉛などが必要になります。

また、髪の色素はチロシンというアミノ酸の一種です。

これは銅から作られます。

カルシウムは色素の細胞の活性蚊を促進してくれます。

さらに、卵などを食べてタンパク質をよく取ることも大事です。

ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンEなどのビタミン群は髪の成長に役立ちます。

脱毛症などにも効くと言われている、海藻類や胡麻なども良いでしょう。

髪を黒くし、健康にするにはまず毎日の食事から変えてみましょう。

食事バランスが整うことでイライラも緩和されます。

 

ストレス白髪への他の面での対処法

髪が白くならないようにするには規則正しい生活や、イライラの解消なども意識しましょう。

食べることだけでなく適度な運動をしたりするという事です。

そして何より、とにかくイライラの元を断つことが一番の解消法といえるでしょう。

ストレスなどがかかると毛細血管が収縮してしまいます。

そうなると毛母細胞や色素細胞の働きを弱めてしまうのです。

毛母細胞とは、毛乳頭周辺の細胞組織のことです。

これが毛乳頭から酸素や栄養素を受け取って、細胞分裂するのです。

それによって髪を作り出しています。

この毛母細胞や色素細胞が働かなくなってしまうと髪は真っ白になってしまうだろう事が容易に想像できることでしょう。

 

イライラの元を断つ!!

言うのは簡単で、単純に言えてしまいますが、現代は心に負担のかかることだらけです。

そうは簡単にいかないことのほうが多いでしょう。

出来るだけイライラを感じない、または発散できる場所で思い切り楽しむ事が大切です。

温泉

例えば温泉やスポーツジムなど、汗を流したりリラックスできる場所はどうでしょうか。

どちらも頭皮から身体の血行の流れが良くなり、毛髪色素への健康に繋がるのではないでしょうか。

可能であれば、気のおけない仲間と一緒にイライラを解消して、健やかな黒い髪の毛を作っていきたいものですね。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)