白髪を改善するのに効果のある食べ物と、避けたい食べ物

白髪改善に効果のある食べ物とは

白髪は栄養不足な状態も、原因の一つとして考えられます。

栄養が不足することで、十分にメラニン色素が作られなくなるのです。

人間の髪の毛のカラーというのは、メラニン色素がどれだけ含まれるのかで決定されていきます。

色素が不足すれば、髪の毛は白くなっていきます。

メラニン色素のためには、メラノサイトの細胞に、様々な栄養素が必要となります。

メラニンをメラノサイトが作るためには、酵素のチロシナーゼが必要です。

チロシナーゼとは

メラニン合成に係わる酸化還元酵素で、チロシンからドパキノンを合成する。この遺伝子が欠損すると皮膚の色素ができないにため、白化する。

チロシナーゼの合成のためにも、活発にさせるためにも、銅のミネラルは必要です。

食べ物では、魚介類や豆類にも豊富です。

大豆や納豆、カシューナッツなどもよいでしょう。

チロシンと一緒に摂取すれば、相乗効果を得ることもできます。

チロシンというのは、メラニン色素を作る原料になっているひとつです。

チロシンが不足してくると、メラノサイトの働きとは関係なく、髪には濃い色がつけられなくなります。

それ程、白髪予防のためには必要で、チーズから見つけられたと言われています。

チーズ

ですから、チーズをはじめとして乳製品に、豊富に含まれていることになります。

この他にも果物では、バナナやりんご、アボガドにも含まれています。

 

白髪に良い食べ物の葉酸

白髪改善に良い食べ物として、葉酸を含む食材も味方になってくれます。

葉酸は、黒い髪を作るためのメラニンの生成においても、大きく関係しているのです。

葉酸とは

葉酸はビタミンの一種。ビタミンというと、ビタミンAやビタミンCを思い浮かべるが、葉酸は水溶性のビタミンB群の一種。
最初に抽出されたのはほうれん草からで、ラテン語で葉を意味する「フォリウム」から名づけられたもの。その名の通り、植物に多く含まれている。

1日あたりの摂取量ですが、240μgくらいが目安になります。

加熱すると若干弱いという点もありますから、食べる時にはサラダなど、生で食べられるとベストです。

サプリメントでの摂取もできますし、天然の食材からも摂取は可能です。

豊富に含む食材としては、健康にも欠かせない緑黄色野菜です。

ゆでた枝豆には260μg含まれていますし、モロヘイヤには250μg、生のパセリには220μg含まれています。

食事で食べやすいものとしては、芽キャベツをゆでたものは220μg含みますし、そらまめはゆでたもので120μg、春菊をゆでたものなら100μg含んでいます。

野菜は手軽に食事に取り入れることができるので、毎日食べたいものですね。

 

動物食品では、レバーに豊富に含まれています。

レバー

鶏生レバーには1300μg、仔牛生レバーだと1000μg、ぶたレバースモークには310μg含まれています。

 

魚介類では、生うにに360μg含まれていて、さくらえび煮干には230μg、すじこには180μg含まれています。

うに

 

白髪改善で避けたい食べ物

白髪を改善していく上で避けたい食べ物は、糖分を含む食材です。

糖分を含む食材は成長ホルモンの分泌を妨げてしまいます。

日常的に甘いものを、できるだけ避けるだけでも白髪防止に役立つのです。

甘いスナック菓子やアイスクリーム、チョコレートやドーナツ、ケーキなどは美味しいですが、髪のことを考えると、過剰に食べてしまうのは避けたほうが無難です。

スーパーなどでは、安売りをしているので、つい大量にまとめ買いをする習慣があるとしたら、髪のことを考えて、一旦お菓子のストックもお休みしてみると良いかもしれないです。

身近にあると、人間はどうしても手が伸びて、食べてしまいますからね^^;

糖質は砂糖をたっぷり含むお菓子だけとは限りません。

炭水化物である、白米やスパゲティー、菓子パンなどもそうなんです。

パン類は口当たりも軽く、パクパク食べられますが、髪のことを考えると、食べすぎは控えたほうが良いもののひとつです。

白米なんか日本人の主食なんですけどねえ。。。

食べ過ぎには注意しないといけませんね。

あまり気にしないで口にしているかもしれませんが、ドリンクにも気をつけたいところです。

普段なにげなく飲んでいる缶コーヒーやジュースはもちろん、スポーツドリンクなどにも砂糖はたくさん入っています。

飲み物からは、

思い切って糖分を摂取しない

と決めてみてもいいかもしれませんね。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)