妊娠中の白髪染めはNG?

妊娠

妊娠中の女性は、胎児に多くの栄養素を送っているため、栄養不足になりがちで、普段よりも体がデリケートになっています。

妊娠初期は、悪阻などの体の変化が見られることが多く、白髪染め特有のツンとした臭いで、気分が悪くなってしまうこともあります。

妊娠中は、普段よりもお肌が敏感になっており、かぶれやすくなっているため、白髪染めの種類によっては、使用できない場合があります。

妊娠中は、体の不調でストレスを感じることが多く、ホルモンバランスも崩れやすいので、白髪が増えてきたと感じる人が多いのではないでしょうか。

妊娠中もお洒落を楽しみたい人が多いですが、美容院では、妊婦の体調に配慮をして、白髪染めの施術を断わられる場合があります。

長時間同じ姿勢を取っていると、妊婦の体に負担が掛かってしまうため、美容院で施術を受けるのは、出産後にしたほうが良いでしょう。

 

ドラッグストアで販売されている白髪染めは、頭皮に刺激が強いので、赤くなったり、かぶれてしまう場合があるので、避けたほうが安心です。

インターネット通販で販売されている白髪染めを比較すると、海藻や天然の植物などの成分のみで作られた、お肌に刺激の少ない商品が数多く販売されています。

入浴中に使用できるシャンプータイプや、トリートメントタイプは、無添加で低刺激な商品が多いので、じっくりと比較してから、購入して下さい。

シャンプータイプやトリートメントタイプの商品は、短時間で使用できますし、弱酸性で安全性の高い商品が多いので、肌質に合った商品を比較してから、購入すると良いでしょう。

 

妊娠中は、臭いに敏感になる人が多いですし、悪阻や貧血などで体調を崩すことが多く、胎児への影響が気になっている人が多いです。

妊娠初期の体がデリケートな時期は、髪の毛を染めるのを控えるようにしたり、充分な休息や睡眠を取ることが大事です。

若い20代や30代の女性は、妊娠4ヶ月を過ぎると体調が良くなってくるので、家事をしたり、ウォーキングなどの無理のない運動をして、体重の増加を防ぐようにしましょう。

 

妊娠をした女性は、普段よりも髪の毛がデリケートになっているため、くせやうねりが出たり、白髪などが目立ってくる人が多いです。

 

妊娠中は、育毛剤が使用できない場合があるので、大豆食品や青魚や白身の魚、卵、鳥胸肉などの良質なたんぱく質を摂取するようにしたり、ビタミンやミネラルを多く含んでいる野菜や海藻類をバランスよく食べるようにして下さい。

 

毎日使用するシャンプーは、頭皮に刺激の少ない無添加の商品を選ぶようにして、頭皮を清潔に保つようにしましょう。

インターネット通販を利用すると、高品質で上質な白髪染めが販売されていますし、デリケートな体質の妊婦でも使用できる商品もあるので、試してみると良いでしょう。

妊婦は、頭皮が敏感になっているので、必ずパッチテストをしてから使用するようにして下さい。

頭皮に赤みや湿疹、痒み、フケなどの異常が見られる場合は、使用を中断するようにして、医師に相談するようにして下さい。

 

妊婦は女性ホルモンの分泌量が増えているので、髪の毛が抜けにくいですが、出産を経験するとホルモンが低下して、髪の毛が抜けやすくなるので、正しいヘアケアの方法を見に付けるようにして下さい。

若い年代の人は、あまり白髪が目立たない人も多いので、それほど量が多くない場合は、髪の毛を染める必要はありません。

現代は妊婦の人でも使用できる商品が増えており、高品質な商品が増えているので、試してみると良いでしょう。

 

悪阻や貧血で体調の悪い日は、毛染めは避けるようにして、体調が良さそうな日を選んでから、自宅で行うようにしましょう。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)