白髪染めのパッチテストの重要性について

おしゃれ染めや白髪染めをする場合、パッチテストという表記が箱や容器に書いてあります。

このパッチテストとは何か、さらにこのテストを行う常重要性や手順、注意点などを解説していきますね。

※言ってる私はしませんでしたが^^;

 

パッチテスト
まず、パッチテストは、アレルギー試験で、カラーリング剤を髪や頭皮に馴染ませるとき、アレルギー反応が出ないかを確かめるものです。

以前に何も症状が出なかったから今回は良いというものだは無く、その都度行なうものです。

と言うのも、アレルギーは突如として発症し、免疫力が低下することで引き起こすと言われており、製品を使用する1日から2日前に二の腕などのデリケートな皮膚に付けてテストを行います。

「白髪染めのパッチテストの重要性について」の続きを読む…

かぶれなどで白髪染めを使えない人におすすめの毛染め方法は?

低刺激の白髪染めを使おう

私もそうですが、敏感肌でかぶれなどを起こしてしまい、白髪染めを使えない人におすすめの毛染め方法としては、トリートメントタイプの白髪染めがおすすめです。

ルプルプ白髪染めトリートメントのようなトリートメントタイプであれば、毎日のように使うことができますし、アレルギーなどの心配も少なく、髪や頭皮に安心して使用することができるからです。

ヘアカラーを避けたほうが良いのはもちろん、ヘアマニキュアも出来れば避けたいという方は多いです。

薬剤を多く使っているものよりも、天然成分が多く含まれているもののほうが安心して使うことができるからです。

もちろん、成分をしっかりチェックしてから選ぶことは大切です。

「かぶれなどで白髪染めを使えない人におすすめの毛染め方法は?」の続きを読む…

白髪染めとおしゃれ染めの違いとタイプ別の特徴について

白髪染めとおしゃれ染めの違い

おしゃれ染め

白髪染めとおしゃれ染めには違いがあるため、白髪が目立ってきたからといっておしゃれ染めで白髪を染めるということはできません。

なぜなら白髪には色素が入っていませんので、黒髪を染めるときに使うおしゃれ染めのメカニズムでは染めることができないからです。

白髪を普通のヘアカラーで染めようとしても、色素がないので化学反応が起きず、色を付けることができません。

その点、白髪染めであれば、メラニン色素が失われている白髪であっても、色をつけることができます。

「白髪染めとおしゃれ染めの違いとタイプ別の特徴について」の続きを読む…